パパ と mio と ケイゴと  わたし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蹴られた跡

いやぁ。

自分でもビックリ


こんなアザ、

生まれて初めて。



DSCN3079.jpg


これが、自分の脚かと、疑いたくなる

DSCN3080.jpg


誰が見ても、ドン引きレベル。



こんな蹴りを、平気で、いれてくる旦那。

男のが女より、力強いのわかってるでしょ。

暴力は凶器と同じでしょ。



顔は、他人から見えるから、

そこは、はずして、お腹や、脚に、暴力をするらしいですよ。

(私は一番最初、殴られたとき、肩~腕を殴られましたけどね)


DSCN3085.jpg

脚が痛い痛いって、大げさな

って思ってた人もいると思いますが、

これ見たら、納得してくれるかな。


突き飛ばされた衝撃でか、

全身痛いし、首はムチウチみたいな症状が出てきたし





私、

自分が悪いことをしたり、姉妹でケンカしたりしたとき、

両親には、叩かれて、殴られて、育ちました。

でも、

父親が、母親を殴ったりしているところ、

一度も見たことは、ありません。


だから、

叩かれ、殴られ育ったこと、

恨んではいません。



でもmioは、

母親が、父親に

殴られ、蹴られ、突き飛ばされ、

椅子などを投げつけられている現場を、

もう、何度も、目撃しているんです。


まだ3歳なのに。




この先、

どうなってしまうのかな。





スポンサーサイト

mioのことば。

蹴飛ばされた昨日の朝、

すぐに家から出たかったのですが、今日、ケイゴのポリオがあったので、

どうしても、自宅を出れませんでした。


脚をひきずって、ポリオ接種会場へ行きましたが、

何で、こんな痛い目に遭わなきゃいけないんだろう。

って思うと、

悔しくて、情けなかった



今日は、

DSCN3019.jpg

さらに、腫れが、広範囲に

DSCN3020.jpg


アザも、大きくなってきた

DSCN3023.jpg



保育園から帰ったmioは、

私の足を気にしてくれていて、

「おかあさん、あし、いたいの? だいじょうぶ?」


「mioちゃんが、まもってあげるけど、

 おかあさん、かわいそうだから

 みさちゃんばぁばのおうちに、いこうよ」



って、言ってくれました。 


    mioにこんなこと言わせるなんて、親失格ですね



私も、暴力を受けたのは、今回が初めてではないし、

今回ばかりは、どうしても、許せなかったので、

しばらく、実家に行かせてもらいます。

ケンカの発端。

このケンカの発端は・・・

だいぶ端折りますが、

普段、私の話を聞いていない旦那。

以前から、私が言った事、聞いてなくて、


私:「あのとき言った。」 旦那:「聞いてない」

で揉めたとき、旦那がブチ切れて、

旦那:「じゃぁ、言いたい事は、すべてメールかメモでくれ!」

って言われたので、

必要なことは、メールかメモで必ず、残すようにしていました。



(それでも、なお、メール見てないから知らない。なんて言われたことも、

 多々ありますけどね 履歴残ってるのにさ。)



ここまで話したら、大体お分かりかと思いますが。


今回も、それが原因。

私は、必要なことを、メモにしておきました。

でも、旦那は、

「そんなに大事なことなら、

 2.3日前から、知らせとけ。口で言え! 今日やるなよ!」
って。

溜まっていたテレビの録画の、ブルーレイハードディスクが、

容量迫ってきたので、コピー中。触らないで。

と、張り紙をしておいたのですが。


mioが、触ってしまいました。



知ってる人も多いと思いますが、

コピー中は、録画再生、一切できません。

なので、録画予約がない、深夜から、朝方にかけて、コピーしていたんです。


最近、子供と一緒に寝てしまう事が多かったので、

家族が寝静まった深夜に起きていた昨夜、

録画再生に、支障がないよう、配慮して、コピー。

おまけに、

コピー中。さわらないで。と、

本体の前へ、

張り紙までつけていたというのに。



mioが触ったことに対して、

旦那は、「俺がmioに怒ったから、おまえは、怒るな。」
って言ったけど、

mioに対しては、怒った のではなく、

当たった だけだと思いますが・・・

だって、mioには、

「もおぉーーーーー。さわるなっ。
 ばぁあかっ 」



って罵声を浴びせただけだから。

それで、どうして怒られたかも、分からないmioが、

大泣きしていたので


私が、

「いつも、さわっちゃいかんって、言ってるでしょ」って

mioの頭をパチンと、軽く叩いたわけです。


そしたら、

旦那:「俺が怒ったのに、なんでお前が怒る?叩く?」


私:「あんたは、怒ったんじゃなくて、触るな、バァカって、大声で罵声浴びせただけで、

 それじゃ、mioが、なんで、怒られたか、わからんじゃん」


と答えたら、


張り紙のことに、話題がすりかえられ

そして、暴行される。に至ったわけです。








DSCN3006.jpg



今朝より、さらに痛くて、腫れてきた足。


DSCN3013.jpg


まだ、アザが少し出てきた。

相当痛いです。




これって…

パパと、またケンカ。

今まで、ケンカしても、

日記には書かずにいたのですが。



パパはキレると、すぐ物に当たって、

自宅の壁に穴が空いてたり、

前住んでいたアパートのドアは、

ぶっ壊れたりしてたのですが

結婚5年も経つと

やっぱり…怒りの矛先は、

とうとう私にも


以前も、私、突き飛ばされたり、殴られた事が2.3回あり

(しかも、mioの前でも1回あります)


その時は、mioも怯えていたし、

しばらく、その事ばかり、mioが話してきたので、


mioの前では、殴ったりしない。

と約束したのに


また今日、


mioの前で、

まず、布団を私に振りまわして、

私の顔は

布団で擦れて少し流血

その後、

おもいっきり、

突き飛ばされ

激しい蹴り を太股に入れられて

太股は

大きく腫れあがり

デニムが、はけません。

歩くのも少し困難。

正座もできない。

もちろん、それを見ていたmioは、

前回同様

「たたかないで。

 ケンカしないで」


って、号泣。

でも、旦那の手は、止まらず。





幸い、左モモなので、なんとか運転はできますが

階段も、足をひきずらなきゃ、

昇れないので、

ケイゴ抱っこして階段なんて、

とてもじゃないけど、

危険すぎる。

だっこ紐で移動するしか、ないな。



時間が経てばたつほど、

痛みが増して、

足を引きずらなければ、

歩けなくなりました。




いくら、ケンカしたとは言え、

怒りに任せて、

暴力。




前にも、こういう事があって、

それから、まだ半年足らずで

こーなるとは



この先、

エスカレートは確実。



そのうち、

子供にも

私と同じ様にするでしょう。



本人は、子供には、しない。

って言ってますが、


子供の口が達者になって、

反抗期や思春期を迎えたら・・・


子供も、将来は私と同じ目に

遭う。




そんなに

殴りたいなら

せめて

mioが

見てない時に

殴ってくれ。



殴る蹴るをして、

自分だけ、スッキリした後で、


しばらくして、すぐ

「悪かった。反省してる」

って。


これって、

DVの典型的パターン。







暴力でしか、

訴えられないなんて、

情けない。



結局、

何も解決されないまま、

痛みが残っているだけ。

私にも、

mioのココロの中にも。






















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。